インターネットの多種多様な使い道

本当にいい時代になったものです。家にいながらにして、というかパソコンの前にいるだけで、いろいろなことができてしまうのです。
検索ワードを入れるだけで、その言葉に関連するものや、その言葉の意味が瞬時に、そして膨大に情報が出てきます。もう紙の辞書は捨てました。部屋がすっきりしました。
ボードゲームもできます。相手をネット上のリストから探せば良いだけです。
グーグルのストリートビューで世界一周旅行だってできます。
副業だって可能です。ライティング、ネット販売などいろいろあります。
ユーチューブでは、自分が興味のあるコンテンツを検索し、視聴できます。
好きな音楽が視聴できます。好きな歌手や曲名を検索するだけで関連のページが沢山ヒットします。素人がカバーした音源もアップされています。時々聞きますが、けっこう上手で驚いています。
筋トレの動画が視たいときは、筋トレで検索するとこれまた動画がヒットします。さまざまな筋トレの仕方を動画で視聴でき、やり方を容易に学ぶことができます。
好きな女優の画像を見たいときも、ネットでは簡単に検索できます。大量の画像がヒットして、ベストなものを探すのが大変なくらいです。それ以来、グラビアを家で所有することはなくなりました。
ネットショッピングも楽しいです。そして早くて楽に買えます。クレジットカードで決済できるのも便利でいいです。AMAZONなら、送料無料で商品を届けてくれるので筆者は大のお気に入りです。
ネットオークションもかなりハマッております。主にヤフオクで熱い戦いを繰り広げております。ちなみに年末などは、1円オークションも盛んに行われ、とてもおもしろいです。
生活で何か困ったことがあったり、知恵を欲しいときは、ネットで検索をかけます。同じような問題に出くわした人はたくさんいて、その人の知恵を学べて参考になります。
皆さんはどのような使い方をしていますか。ネットは無限の可能性を秘めております。創意工夫でより良いネットの使い方を模索していきましょう。

地図を活用して旅行を楽しむ

私は方向音痴にも関わらず、旅行好きでしかも好奇心旺盛なため、よく迷子になる事がありました。
日本は公共交通機関が多くあり便利ですが、東京などの大都会では地下鉄が複雑で、入り口を一つ間違えるだけで、全く別の目的地に着いてしまったりと苦労しました。
インターネットのおかげで、交通機関の時間を調べるサイトでは、時間の他に詳しいルートも調べられるため、本当に便利で活用させてもらっています。
しかし、これは国内のみのものです。3年前から海外に留学などで行く事になってからは、その国の交通機関の時刻を調べるサイトなどを探しましたが、日本のNAVITIMEの様な、様々な交通機関を組み合わせて乗り換え表示ができる機能のあるサイトは見つかりませんでした。
日本では迷子になっても何とか最終的には目的地にたどり着けるものの、海外ではそうはいきません。
2年間ベトナムに滞在することになり、始めは市販の地図を携帯していました。
ベトナムは経済発展が著しく、建設ラッシュのため、数ヶ月で驚くほど景色があっと言う間に変わってしまう地域も多く、地図上のお店の名前を頼りにしても目的地にたどり着けない事が多くありました。
どこへ行くにもタクシーを利用するしかありませんでした。現地の言葉を少しづつ覚え始めてからは、いつもタクシーで行っていた所にバスや徒歩でも行けることがわかり、Google地図で、詳細を調べて印刷して、印刷した地図上にペンでルートをなぞって、もし道に迷っても場所の名前が言えるように、地名にカタカナで発音記号をつけて持ち歩きました。
ある日、驚いた事に、事前に地図でルートを調べていると、出発点と目的地をクリックすれば、そこからのルートが地図上に示され、徒歩で20分、車で5分などといった機能がある事に気づきました。
まさに、日本のNAVITIMEと地図の合体版の様なものです。
出発地と目的地付近のバス停も表示されており、クリックすると、バスの詳しいルートと時間も表示される様になっています。本当に便利です。インターネットでルートを調べられるので、おかげで迷子になる事はなくなりました。もちろん、ホテルも地図上で場所を決めてから、探す事もできますし、有名スポットやレストランも地図上で探す事ができます。他のサイトと連携されているので、気になるお店をクリックすると、他のサイトと連携されていて、口コミで事前に評判も見れるので、ありがたいです。
旅先で道に迷わなくなったばかりでなく、インターネット上の地図を見ているだけで、その土地に行った様な気分にもなれるので、楽しく活用しています。

WiMAXをレンタルで試しました

2年ほど前ですがWiMAXをレンタルして自宅で使えるか試したことがあります。自宅で契約しているプロバイダーとのインターネット接続サービスをやめて、WiMAX1本の契約で家も外も賄えればこんな節約は無いと考えていました。
ところが、残念ながら家の中では殆ど接続出来なくてちょとがっかりしたのを覚えています。元々、WiMAXは外出時に出先でインターネット接続環境を提供するのが目的なので民家の家の中まで電波が届く様には出来ていないのです。
それでも家を出て外に出ると微弱ながらインターネット接続はちゃんと出来ました。最寄りの駅からは2キロくらい離れた住宅街でも一歩外へ出ればWiMAXが使えるというのは凄いと思いました。それ以外にもJRの志木駅などで試した時には下りで10MBくらいの速度が出ていました。
私は家でインターネットする時間がとても多く、デスクトップパソコンで安定した回線が必要でしたし、インターネット接続料金の節約が目当てだったのでWiMAXの契約はしませんでした。ですが、家でインターネットをしない人にとってWiMAXはピッタリのサービスだと感じます。
自宅にデスクトップパソコンとか持たずに軽いフットワークの良いノートパソコンを使って外出先でインターネットする人にとっては寧ろ自宅のプロバイダーの契約は不要なのかもしれません。都内へ仕事に出向き、帰宅は殆ど終電という様なライフスタイルであれば自宅でインターネットする時間など無くなります。
電車の中、駅のホーム、息抜きのカフェ、ファーストフォードなど仕事の前後や合間にネットライフを楽しむならWiMAXはとても相性の良いサービスだと感じます。

wifiで楽しんでます

いきなりですが、我が家にはスマホユーザーがいません。みんなガラケーです。私はといえば2~3年前にたまたま海外に行ったら、高速バスにもホテルにもwifi Freeという文字があって、いったい何ぞや読み方もわからんと思ったくらいです。
そんな我が家に突然、wifiの波がやってきました。きっかけは今年のWindowsXP終了に伴うパソコンの買い替えです。それまでデスクトップ機を使っていましたが、これを機にフレキシブルに使用可能なスリムノートにしました。そしたらなんと、LANのコネクタを指す穴が無いじゃありませんか。どうもこういうイマドキの機種は無線使用が当たり前らしい?そう思った我が家は家電量販店にwifiの機械を買いに行きました。wifi生活スタートです。
そしてwifiの楽しさに目覚めました。家族で旅行計画を練るときはパソコンが書斎からリビングに移動して全員で確認しながら予約もできるんです。非常に便利です
更にタブレットデビューも果たしました。試行錯誤しながらウィルス対策アプリと日経新聞アプリを入れました。出勤時に新聞をコンパクトに読める新聞社のアプリはとても便利です。お昼休みやひとりでふらっとカフェに入る時もwifiが無料で使えるところを優先するようになりました。お料理サイトのレシピを見ながら食事を作ることだってできるのですから、今やwifiを導入した主人より私が楽しんでいます。
気づいたらスマホがなくてもwifiのおかげで充実したネットライフが築けているので、もしかしたらこのままずっとガラケーなのかもと思う今日この頃です。